FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

福井県 永平寺

今回は、福井県永平寺町にある「曹洞宗大本山 永平寺」をご紹介いたします。

画像 671

永平寺は、一度行ってみたかった場所なので、どんな場所なのかワクワクしていってきました。



この前の日が、若干雨が降っていたので、新緑の中を歩くと、すごく涼しく気持ちよく感じました。
画像 674

さて、永平寺というのは1244年 道元という僧が、座禅修行の場として開いた道場です。
歴史の教科書でも、道元という人は曹洞宗の形を作った人として、有名です。

現在の永平寺は、曹洞宗の大本山として、僧侶の育成などを行っています。
実際、修行をしている僧の人が多く拝観中にも見受けられました。

さて、館内に入り階段を上り、目に入ったのが、「傘松閣(傘昇格)」の天井絵。
画像 679

有名な画家144名による230名の色彩画が天井一面に、書かれています。
画像 680

その目の前には、達磨?の絵もかざってあるのですが、天井画と同じくらいにびっくりしたのが、その広間の広さ。
なんと、156畳もあります。
画像 681


画像 686

廻廊を歩いていると、外の風景も見られるのですが、その静けさと、涼しさに思わず、ほっこり落ち着いてしまいます。
画像 713
修行の場でもあることから、あちこちにこのような鐘が置いてあります。
何に使うかまではよくわかりませんが、大切なものなのでしょう。

画像 700
永平寺は、傾斜のあるところに作られているのか、階段があります。
この階段は、結構見ていて、すごく面白いです。
なぜ、このような場所に道元が建物を建てたのか、少し気になります。

画像 698

建物上部からみた、山門。
この山門の両側には四天王が安置されています。

かなり、あちこち見るべきところが多く写真を選びとるのに、苦労しました。

建物一つみても、すごく細やかな細工がされていて、見ていて飽きません。
また、座るところもあるので、ゆったりとしてみるのもいいかもしれません。
画像 712

今回は、「福井県」にあります「曹洞宗 大本山 永平寺」をご紹介いたしました。

-----infomation-----


「曹洞宗大本山 永平寺」
公式HPなし
上記リンクは「禅の里 永平寺」さんのサイトに飛びます。
永平寺のお土産屋さんのサイトです。


<拝観時間>午前8時~午後5時(11月~3月は午後4時30分)

<拝観料>大人・高校生:500円 小・中学生:200円 

<住所> 〒910-1294 福井県吉田郡永平寺町志比5-15
<電話番号>TEL 0776(63)3102


<アクセス方法>

◆公共交通機関なら…

えちぜん鉄道 勝山永平寺線 「永平寺口」駅 - 京福バス「永平寺」行終点下車

北陸本線「福井」駅から京福バスの「永平寺門前」行乗車、終点下車

山中温泉山中座間から直通バス「永平寺おでかけ号」
3月1日~11月30日の毎日運行全便予約制1日2往復

◆車なら…

「福井北IC」から国道416号をへ5km東進
「東古市交差点」を右折して国道364号に入り、そのまま永平寺方面へ進めば到着します。

(北陸自動車道「福井北IC」から約10km、所要約20分)


駐車場:
町営駐車場が、すぐ近くにあります。(ただし、早めに行かないとすぐに満車になるので注意が必要です。)
他にも、お土産ものやにも駐車場があります。(ただ、気持ち的にお土産を買わないといけなくなるかもしれません。)

詳しくは地図をご覧ください。

備考:
平寺は修行の場です。
帽子を取る、静かに左側通行、修行僧にはカメラを向けない等、注意点を守って参詣しましょう。


福井 | 2010-07-07(Wed) 17:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © そうだ!〇〇に行こう!<国内旅行情報BLOG> All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
FP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。